DOMANI・明日展2021、国立新美術館で1月30日から開幕

昨年から続くコロナ禍の影響は年が明け2021年に入っても、まだ終息する兆しが見えない。アートシーンでも展覧会の中止や延期といった話題も、引き続き聞かれている。


文化庁の「新進芸術家海外研修制度」経験者を中心に構成されるDOMANI・明日展。例年、年の初めに国立新美術館で開催されてきたが、昨年はコロナの影響でリアルな展覧会は実施されず、夏にオンライン上で「 DOMANI ・ 明日展 plus online 2020 」を開催し好評をえた。そして今年に入り、あらためて国立新美術館でリアルな展示が実現することになった。

今回は、過去 10 年間に各国で研修 経験を持った7人の新進作家に、それ以前に研修を経て、現在、アートシーンの最前線で活躍する竹村京・鬼頭健吾、袴田京太朗を加え、作家たちのリアルな今の表現を紹介する。



■出品作家

※各作家の説明として、生年・表現領域、【 】は文化庁新進芸術家海外研修歴を記載

  • 大田黒 衣美 1980年生 現代美術【2018年(1年研修)・ドイツ(ベルリン)】

  • 利部 志穂  1981年生 現代美術、彫刻【2016年(2年研修)・イタリア(ミラノ)】

  • 笹川 治子 1983年生 現代美術【2019年(短期研修)・ドイツ(ライプツィヒ、ドレスデン、ベルリン、デュッセルドルフ)】

  • 髙木 大地 1982年生 絵画【2018年(1年研修)・オランダ(ハールレム)】

  • 新里 明士 1977年生 陶芸【2011年(1年研修)・アメリカ(ボストン)】

  • 春木 麻衣子 1974年生 現代美術、写真【2017年(1年研修)・フランス(パリ)】

  • 山本 篤 1980年生 現代美術、映像【2018年(1年研修)・ベトナム(フエ)】

  • 竹村 京・鬼頭 健吾 1975年生 現代美術【2004年(3年研修)・ドイツ(ベルリン)】・1977年生 現代美術【2009年(2年研修)・ドイツ(ベルリン)】

  • 袴田 京太朗 1963年生 彫刻【1994年(1年研修)・アメリカ(フィラデルフィア)】



DOMANI 明日展2021 スペースが生まれる 文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち


会  期: 2021年1月30日(土)~3月7日(日) 32日間開催

休館日 : 毎週火曜日(ただし2月23日[火・祝]は開館、24日[水]は休館)

開館時間: 午前10時~午後6時 ※入場は閉館の30分前まで

会  場: 国立新美術館 企画展示室2E

観覧料 :一般1,000円、大学生500円 ※各種割引等あり。詳細は展覧会ホームページを参照

ART NEWS