歌川国芳の「金魚づくしシリーズ」全9点がそろう!大阪市立美術館にて特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」が4月17日から開幕

歌川国芳《きん魚づくしぼんぼん》個人蔵 

※前期のみ現存する9図すべてを展示

日本人に馴染みが深い絵というと、「鳥獣人物戯画」(国宝)がその一つにあげられるだろう。鳥羽僧正覚猷(とばそうじょうかくゆう)が描いたとされるが、兎とカエルが相撲をとったり、猿が経を上げたりといった姿が生き生きとユーモラスに描かれている。この鳥羽僧正覚猷に由来するものとされる「鳥羽絵」をキーワードに江戸時代の戯画を約280点の作品で紹介する展覧会、特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」が4月17日から大阪市立美術館にて開幕する。

《軽筆鳥羽車(けいひつとばぐるま)》千葉市美術館蔵

鳥羽絵は、広く戯画や漫画を指す言葉として使われることもあるが、より限られた意味では、18世紀の大坂を中心に流行した軽妙な戯画を指す。そこに描かれた人物の特徴は、目が小さく、鼻が低く、口が大きく、極端に手足が細長い。 18世紀の大坂で鳥羽絵本として出版され、明治にいたるまで庶民に人気を博した。鳥羽絵は江戸の浮世絵などにも影響を与えている。

葛飾北斎『北斎漫画』九編 浦上満氏蔵

河鍋暁斎《風流蛙大合戦之図(ふうりゅうかわずだいがっせんのず)》河鍋暁斎記念美術館蔵

今回の展示では鳥羽絵を洗練させたとされる大坂の「耳鳥斎(にちょうさい)」、鳥羽絵本の影響を受けたと考えられる江戸の「北斎」や「国芳」、そしてその流れをくむ「暁斎」など、時代や地域をこえて受け継がれた笑いの感覚、江戸時代の戯画のエッセンスを紹介。

前期には歌川国芳の「金魚づくしシリーズ」全9点がそろうのも見どころの一つとなっている。

特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」

【会期】平成30年4月17日(火)~6月10日(日)

    月曜日休館(ただし、4月30日は開館) ※5月1日(火)も開館。

前期:4月17日(火)~5月13日(日)後期:5月15日(火)~6月10日(日)

     ※会期中展示替えあり。

【開館時間】午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

【会 場】大阪市立美術館

【主催】大阪市立美術館、毎日新聞社、MBS

【後援】ベルギー大使館

【協賛】大和ハウス工業

【入館料】一般1,400円(1,200円)、高大生1,000円(800円)

※( )内は、前売・20名以上の団体料金

※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)

※大阪市内在住の65才以上の方も一般料金。

※前売券は、平成30年1月17日(水)発売予定。

ART NEWS