現代作家たちの登竜門、『VOCA展2021 現代美術の展望-新しい平面の作家たち』が3月12日から上野の森美術館でスタート


【VOCA賞】 尾花 賢一:《上野山コスモロジー》 インク、ワトソン紙、木枠  250cm×400cm×20cm

現代美術の登竜門とも言われ、過去には村上隆や蜷川実花といったアーティスト達も参加していたVOCA展。昨年12月には2021年の選考会が行われ、グランプリであるVOCA賞には1981年群馬県出身の尾花賢一《上野山コスモロジー》が決定した。


3月12日からは受賞作品を含む出品作品30点を展示する『VOCA展2021 現代美術の展望-新しい平面の作家たち』が上野の森美術館でスタートする(〜3月30日まで)。未来の現代アートシーンを担うであろう若手作家たちの、才能あふれる作品群が一堂に会する。


受賞に際し尾花は「作品に取り掛かる際、会場となる『場所』について思考を深めることから始めます。北関東出身の私にとって、上野は東京の玄関口。幼少の頃、初めて美術に触れたのもこの場所でした。この作品では明るさや暗がりが混在する上野の山を、家族と散策した記憶を思い出しながら絵筆を進めました。

過去と現在を反芻し、場所のレイヤーを捉え直す。不思議な経緯で辿り着いた作品が、このような賞を頂くことができ大変嬉しく思っております」とコメントした。



【VOCA奨励賞】鄭 梨愛《Vision》布に昇華転写、フック・ステン レスパイプ・木材

【VOCA奨励賞】水戸部 七絵《⓵Picture Diary20200910 ⓶Picture Diary20200904》油彩、麻布・木製パネル


【VOCA佳作賞】弓指 寛治 《鍬の戦士と鉄の巨人》紙本着色、額に写真をマウント


【VOCA佳作賞・大原美術館賞】岡本 秀《複数の真理とその二次的な利用》 アクリル・鉛筆・ペン・新聞紙・木製パネル

◇選考委員(上記各賞については、以下の選考委員により選考)

 小勝 禮子(選考委員長/美術史・美術批評)

 水沢 勉 (神奈川県立近代美術館館長)

 家村 珠代(多摩美術大学教授)

 荒木 夏実(東京藝術大学准教授)

 前山 裕司(新潟市美術館館長)




VOCA展2021 現代美術の展望-新しい平面の作家たち


会  期 2021年3月12日(金)~3月30日(火)〔19日間(予定)/会期中無休〕

会  場 上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)

開館時間 10:00~17:00 ※入場は閉館30分前まで

入 場 料  一般800円、大学生500円、高校生以下無料





ART NEWS

株式会社アルテヴァン  info@arte-vent.com

〒176−0001 東京都練馬区練馬3−31−2 電話03−6914−6900

​© 2017 ARTE VENT Publishing, Inc. All rights reserved.