令和2年度芸術選奨【美術】部門、大臣賞は彫刻家・青木野枝さん、現代美術家・宮島達男さん、新人賞はメディアアーティスト・エキソニモ (千房けん輔 )(赤岩やえ)さんが決定

芸術各分野で優れた業績を挙げた方、新生面を開いた方に贈られる「芸術選奨文部科学大臣賞」と「同新人賞」。本日、令和2年度の受賞者が発表された。【美術】部門の大臣賞は青木野枝さん、宮島達男さん、新人賞はエキソニモ (千房けん輔 )(赤岩やえ)さんとなった。


贈賞理由に関して、青木野枝さんは「鉄素材による彫刻を一貫して作り続けてきた。工業素材のような鉄板を細く溶断して組み合わせ,半球状のヴォリュームのある彫刻をつくり出すといった手法によって伝統的金属彫刻から離れ、独自な道を切り拓(ひら)いてきた。近年では、その特別な彫刻を複数用意して空間を構成する壮大なインスタレーションを試みている。令和元年から令和2年にかけて国内3ヵ所の公立美術館で開催された大規模な個展では、光溢(あふ)れる鉄の森を実現し、新しい日本の彫刻のかたちを表した」。宮島達男さんは「一貫したコンセプトとLEDの数字による表現で1980年代末から 国際的に注目されてきた。日進月歩の先端技術に仏教的な死生観などを重ね合わせ、あらゆる人に宿る芸術性も重視する。千葉市美術館での個展は、精緻な年譜や資料とともにその実践の多様な発展を総覧する好機であり、その他2か 所で展示した、『時の海-東北』プロジェクトの最新作は東日本大震災以降の重 要な取組みを、新作絵画は未来への可能性をそれぞれ提示した。令和2年は、氏の功績を過去作から最新作まで俯瞰(ふかん)する千載一遇の年であったといえる」とされた。


他の部門に関しては以下の通り。



令和2年度(第71回)芸術選奨受賞者一覧


(文部科学大臣賞:18名、文部科学大臣新人賞:11名)

【演劇】

大臣賞:岡本健一 松本祐子 

新人賞:鈴木杏

【映画】

大臣賞:諏訪敦彦 伊藤進一

新人賞:小田香

【音楽】

大臣賞:藤本昭子 藤原道山

新人賞:鈴木優人

【舞踊】

大臣賞:井関佐和子 加治屋百合子

新人賞:市川翠扇

【文学】

大臣賞:朝井まかて

新人賞:李琴峰

【美術】

大臣賞:青木野枝 宮島達男

新人賞:エキソニモ (千房けん輔 )(赤岩やえ)

【放送】

大臣賞:伊東英朗

新人賞:塚原あゆ子

【大衆芸能】

大臣賞:宮本浩次 柳亭市馬

新人賞:米津玄師

【芸術振興】

大臣賞:宇川直宏

新人賞:相馬千秋

【評論等】

大臣賞:上島春彦 細川周平

新人賞:平野恵美子

【メディア芸術】

大臣賞:湯浅政明

新人賞:吾峠呼世晴

ART NEWS