• 庄司美樹

ミイラのCTスキャンの研究成果が世界初公開に!「ライデン国立博物館所蔵 古代エジプト展」


左:《アメンヘテプの棺》第3中間期 中央:《ホルの外棺》後期王朝時代 右:男性のミイラ 第3中間期 3点ともにライデン国立古代博物館 © Rijksmuseum van Oudheden (Leiden, the Netherlands)


オランダにある世界で最も古い国立博物館の一つ、ライデン国立博物館。2018年現在、古代エジプト、ギリシャ、ローマなど、コレクションの総数は約20万点にのぼる。特に約2万5千点のエジプト・コレクションは、大英博物館、ルーヴル美術館、ベルリン・エジプト博物館、トリノ・エジプト博物館とあわせて5大エジプト・コレクションに数えられている。

その世界有数の古代エジプト・コレクションから、人、動物のミイラに棺などを含め、約250点が日本にやってくる。ヨーロッパにおける古代エジプトへの関心の高まりによる現地調査への連なり、古代エジプト人の生活や社会、死生観など多様な側面を紹介。加えて最新技術を駆使した医学的な見地やミイラの制作過色やかたちにみる人々の美意識などこれまでにあまり触れられることのなかった面にも迫った、従来のエジプト展とはひと味ことなる展覧会となっている。



《パディコンスの『死者の書』》新王国時代 ライデン国立古代博物館 © Rijksmuseum van Oudheden (Leiden, the Netherlands)



展覧会Information〈予定〉


ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展


【福岡展】

会期:2020年4月25日(土) ~ 6月21日(日)

会場:九州国立博物館

主催:九州国立博物館・福岡県、西日本新聞社、RKB毎日放送、ライデン国立古代博物館


【札幌展】

会期:2020年7月4日(土) ~ 9月6日(日)

会場:北海道立近代美術館

主催:北海道立近代美術館、北海道新聞社、北海道文化放送、ライデン国立古代博物館


【愛知展】

会期:2020年9月19日(土) ~ 12月6日(日)

会場:愛知県美術館

主催:愛知県美術館、中日新聞社、東海テレビ放送、ライデン国立古代博物館


【静岡展】

会期:2020年12月19日(土) ~ 2021年3月31日(水)

会場:静岡市美術館

主催:静岡市、静岡市美術館 指定管理者(公財)静岡市文化振興財団、テレビ静岡、 中日新聞東海本社、ライデン国立古代博物館


【東京展】

会期:2021年4月16日(金) ~ 6月27日(日)

会場:Bunkamura ザ・ミュージアム

主催:Bunkamura、東京新聞、フジテレビジョン、ライデン国立古代博物館


【仙台展】

会期:2021年7月9日(金) ~ 9月5日(日)

会場:仙台市博物館

主催:仙台市博物館、河北新報社、仙台放送、ライデン国立古代博物館


【山口展】

会期:2021年9月中旬~11月上旬

会場:山口県立美術館

主催:山口県立美術館、tysテレビ山口、ライデン国立古代博物館


【兵庫展】

会期:2021年11月下旬~2022年2月下旬

会場:兵庫県立美術館

主催:兵庫県立美術館、産経新聞社、読売テレビ、ライデン国立古代博物館


後援:オランダ王国大使館


株式会社アルテヴァン  info@arte-vent.com

〒176−0001 東京都練馬区練馬3−31−2 電話03−6914−6900

​© 2017 ARTE VENT Publishing, Inc. All rights reserved.